2019年03月 JR東日本春のダイヤ改正

f:id:inatei:20190318194955p:plain

 

2019年3月、JRが「春のダイヤ改正」を行いました。3/16から運用開始しています。

 

 

 

中央線特急「あずさ」の停車駅を削減

 

www.nikkei.com

 

今回のダイヤ改正でまず挙げられるのは、中央線特急の改編です。

 

従来から存在していた「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」ですが、これらを「あずさ」と「かいじ」の2種に改編。「かいじ」を山梨県への中距離特急とする一方、「あずさ」を長野県への長距離特急と位置づけたようです。

 

長距離特急となるあずさは、速達性を確保するため停車駅を削減しました。日経新聞によると「沿線自治体から不満の声があがっている」という事ですが、速達性が重視される特急の停車駅は、少ないほうが望ましいことは言うまでもありません。

 

 

 

中央線特急は全席指定に・・・ライナーも廃止

 

headlines.yahoo.co.jp

 

中央線は、「中央ライナー」「青梅ライナー」を廃止。格上げする形で、特急「はちおうじ」と「おうめ」が新設されました。

 

「はちおうじ」「おうめ」、それから「あずさ」「かいじ」まで、中央線の特急はすべて「全席指定」になるようです。

 

これは個人的に非常に嘆き悲しんでおりますよ!!

 

中央線といえば、高尾や青梅まで快速系統が5分未満の間隔で走っていて、利便性がいい・・・と思っていたのですが、先日「かいじ」に乗ったところ、非常に快適だったわけです。E353系、車内めちゃくちゃ広いし。

 

それで「いままで快速に乗ってたけど、これだったら自由席特急券にお金払ってでも乗る価値あるなあ」と思っていたその矢先に、全席指定席になるというニュースですよ。私が嘆き悲しんだことは、言うまでもありません!!

 

 

新宿~富士急行直通特急「富士回遊」新設・・・

 

www.fujikyu-railway.jp

 

もう1つ、中央線から富士急に乗り入れる特急として、「富士回遊」が新設されました。

 

これは新宿から富士急・河口湖駅までを、一本で結んでくれる特急です。

 

私はこれにも悲しみを隠せません!!

 

悲しみを隠せません!!

 

なぜなら、これを新設したことにより、「快速富士山」がなくなってしまいます。「快速」とはいえ、房総特急E257系500番代が転用されているというシロモノでした。

 

それ以上に悲しいのは、成田エクスプレスの富士急直通がなくなってしまうことです。これは特急券はA席特急券となり割高でしたが、非常に快適な上、河口湖駅から東京駅まで乗り換え不要という素晴らしい列車でありました。

 

「富士回遊」は新宿止まりですので、新宿~東京間は在来線を乗り継がなければならない・・・。

 



地下鉄千代田線が「北綾瀬駅」直通に

 

travel.watch.impress.co.jp

 

その他、地下鉄千代田線が北綾瀬駅まで直通運転するようになりました。

 

今まで飛び地的な駅でしたが、ようやく普通の駅となった・・・とはいえ、個人的にはあんまり関係無いかな・・・