駅奪取で「通信に失敗しました」が多発するので対策してみました

f:id:inatei:20190415115811j:plain

 

「駅メモ!」と同じ、モバイルファクトリー(G1dash.Inc)が出しているゲーム「駅奪取」の「通信に失敗しました」エラーを調べてみました。

 

 

 

「駅奪取」とは?

 

play.google.com

 

駅奪取

駅奪取

  • g1dash, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

 

「駅奪取」というのは、「駅メモ!」と同じモバイルファクトリー(G1dash,Inc)が公開している位置ゲームです。

 

「他の駅の近くに移動してチェックインする」という意味でほとんど同じゲームですが、同一駅に連続してチェックインできなかったり、駅メモと比べてマスター間で競う要素が少な目だったりします。

 

さてこの「駅メモとほとんど同じゲーム」の「駅奪取」ですが、駅メモのでんこ「ダッチュー」を入手するため、泣きながら両方プレイしている人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

私です!!

 

 

 

駅奪取でチェックインすると、なぜか「通信に失敗しました」が出る

 

さてこの「駅奪取」ですが、Android スマホにインストールしてしばらくは問題なく動いていました。

 

しかし、チェックインの時に時々「通信に失敗しました」というエラーが出るようになり、数日を経て100%「通信に失敗しました」と出るようになりました。

 

※自分の画面ではありませんが、他の方からいただいたキャプチャ画面を見ると「通信がタイムアウトしました。通信が良好な状態で奪取してください。」というメッセージが正しいようです。

 

このエラーが出てもとりあえず「チェックインはできている」ようですので、しばらく我慢して使っていました。

 

しかし、チェックイン対象の駅名が表示されないのはやはり不便。そして「神の手」など、駅名画面からでないと使えないアイテムがあったり微妙に使いづらい。

 

そこで、調べてみました。

 

 

 

広告削除系のアプリが原因らしい

 

adguard.com

 

調べてみたところ、「ADGuard のバージョンアップ後から、同じ現象が多発している」という噂を入手しました。

 

私はこのソフトを使用していませんが、類似の機能を持っている「Filter Proxy」を使用しています。

 

これは単に広告ブロックのみならず、URL を文字列マッチングして制御できるという優れもの・・・

 

play.google.com

 

話が逸れました。

 

確かに、Filter Proxy をバイパスさせた時に動作が改善したような気がしていましたので(ちゃんと試してなかった)、広告削除系のアプリを疑ってみることにしました。

 

 

 

Filter Proxy を「バイパス」にする」

 

Filter Proxy の URL チェックをバイパスする(機能を無効化する)のは簡単で、Filter Proxy 画面で「状態」のボタンを押して「BYPASS」にするだけです。

 

途中の試行錯誤は省きますが、どうやら Filter Proxy を BYPASS にすると、駅奪取のチェックインのエラーは出ないようです。

 

 

 

この URL がフィルタされていることが原因か?!

 

さてこうなってくると、具体的にどこ向けの通信がエラーになっているのかが気になります。

 

この URL を見つけて、これだけフィルタ対象から外してやれば、Filter Proxy は有効にしたまま駅奪取も正常に動かすことができる、ということです。

 

操作は面倒ですが、Filter Proxy では通信対象となった URL をログから調べることができます。「駅奪取」でエラーが出た時に、どこに対して通信を行ったかを調べれば、目的の URL が分かる・・・

 

*.google-analytics.com

 

は?

 

私は数秒固まりました。なんで Filter Proxy がグーグルアナリティクスをブロックしてるんだろう???

 

とりあえずこの URL を無効化して、動作を見てみてることにしました。

 

 

 

おわりに

 

Filter Proxy のブロックリストから Google Analytics の URL を無効化してから、駅奪取のエラーも解消し、正常に動いているようです。

 

まだ1日しか経過していませんので、この後挙動が変わるかもしれませんが。

 

しかし、なんで Google Analytics がブロック対象にされていたのかは謎です・・・